肝臓に良い食べ物とは?

肝臓に良い食べ物とは?

肝臓を元気に保つためには、肝臓に良い食べ物を食べて肝機能を強化することが大切です。

肝臓に良い食べ物で、肝機能を強化!

hyhjhgfdsdfghjkjhgfd

昔から、大事なことを表す「肝心かなめ」という言葉があるように、肝臓は私たちの体にとって非常に重要な部位。肝臓は本来は脂肪の代謝をつかさどり、コレステロールや胆汁などを作る臓器ですが、それ以外にもアルコールの解毒や添加物の解毒などで24時間休みなく働いています。

もし、肝臓の機能が低下してしまったら、脂肪の代謝が行われなくなり、さらに食品添加物や化学物質などの解毒代謝ができなくなり、毒素が体内に溜まってしまい病気を引き起こす原因となります。

肝臓は「もの言わぬ臓器」といわれるほど、障害を受けても自覚症状が出にくいため、肝機能が弱っていても気づきにくいことが多いもの。

肝臓を強くするには、食事療法しかありません。ふだんから肝臓に良い食べ物で肝機能を高める生活を心がけたいものです。

高タンパク、高ビタミン、適切なカロリー

肝臓に良い食べ物とは、「高タンパク、高ビタミン、適切なカロリー」が揃ったバランスの良い食事です。成人の場合、1日に2200~2400キロカロリーが必要で、その中で90グラム以上の良質なタンパク質を摂取したいもの。

タンパク質には、肝細胞の修復や免疫物質や酵素などを作り出す働きがあります。また、ビタミンは肝臓が栄養素を合成したり、不要物を解毒する際に酵素の働きを助けるために欠かせない栄養素で、中でもビタミンB1、B2、B6、ナイアシン、パントテン酸、葉酸などが肝臓にとって重要な栄養素です。

これらのビタミンが不足すると、脂肪肝や肝硬変、肝炎などの病気にかかりやすくなってしまいます。

肝臓に良い食べ物をチェック!

肝臓の機能を高めるために、肝臓に良い食べ物を毎日の食事に効果的に取り入れたいものです。肝機能の強化のためには良質なタンパク質とビタミン類が必要になりますが、具体的に、どんな食品を摂ればよいのでしょうか。

ここでは、肝臓に良い食べ物で特におすすめのものをご紹介しましょう。

●しじみ
しじみに含まれているオルニチンという成分が、肝臓の解毒作用をサポートし、肝臓が本来備えている機能を回復させます。オルニチンが含まれる食材は他にも魚類やえのき茸などありますが、しじみにはオルニチンが特に豊富に含まれているので効果的に摂取できます。
●牡蠣
牡蠣に含まれるタウリンが、肝臓から分泌される胆汁酸を増加させ、血中コレステロールを下げる効果が期待できます。また、アルコールの分解などの肝臓の機能を向上させ、肝臓にかかる負担を軽くしてくれます。
●ごま
ごまに含まれるセサミンは胃腸で分解されずに肝臓に直接作用し、肝臓の働きを高め、アルコール代謝にかかわる酵素の働きを活性化させることで肝臓への負担を軽減します。
●レバ―
レバ―には、各種ビタミンの他、葉酸が豊富に含まれています。葉酸には細胞の再生を活性化させる働きがあり、弱った肝細胞の再生に役立ちます。
●ウコン
ウコンには、肝臓の解毒作用を高める作用のある、クルクミンが多く含まれます。肝機能強化の他にも、活性酸素の除去や悪玉コレステロールの低減などの効果も期待できます。
●にんじん
にんじんの赤い色素成分のカロチンは、弱った肝臓を強くする働きがあります。ビタミン、ミネラルも豊富なのでぜひ摂りたい野菜です。

si

 

健康のために
カテゴリ
最新の投稿